So-net無料ブログ作成
検索選択

頭部ない女性の全裸遺体、スーツケースに(読売新聞)

 29日午前11時頃、金沢市二俣町の県道脇のがけ下にスーツケースがあり、異臭がすると、男性が近くの駐在所に通報した。

 スーツケースの中から、頭部のない成人女性とみられる遺体が見つかり、石川県警は死体遺棄事件として捜査本部を設置し、身元の確認を進めている。

 発表によると、遺体は全裸で、折りたたまれるように入れられていた。頭部がないほかは大きな外傷はなく、死後数週間以上が経過しているとみられる。スーツケースは縦70センチ、横50センチ、深さ30センチで、鍵がかけられていたという。

食料自給率、20年度に50%=食品安全庁設置へ−農業基本計画(時事通信)
子供の夢収めたビデオカプセル、千葉県が紛失(読売新聞)
特定看護師の制度化に向け来年度から検討を(医療介護CBニュース)
2氏が届け出=京都知事選(時事通信)
B型肝炎訴訟、福岡地裁が和解勧告(読売新聞)

生活保護費詐取した男は人気占い師…「キタの父」のがめつい素顔(産経新聞)

 働けないはずの生活保護受給者の正体は有名な占い師だった−。生活保護費をだまし取ったとして、大阪市西成区の占い師、井上時弘被告(63)が詐欺容疑で逮捕、起訴された。大阪府警西成署によると、井上被告は大阪市に「目が不自由で働けない」と申告し、生活保護を受給していたが、実際は大阪・キタを中心に活動する占い歴30年の「キタの父」として、テレビ雑誌にも登場。1カ月の祈祷(きとう)代が300万円を超えることもある売れっ子だった。ところが、テレビに出演しているところを偶然、市の担当職員に見つかり、不正受給が発覚した。調べに対し「金がほしかった」と供述した井上被告。捜査員もあきれる人気占い師の“がめつさ”とは…。(山本祐太郎)

 ■テレビ出演で不正ばれる

 「あっ、この人は…」

 昨年6月、民放のバラエティー番組を見ていた大阪市の女性職員は、画面に現れた男の顔に思わず声を上げそうになったという。

 番組は、人気お笑いタレントらが大阪市内の商店街を歩き、面白い店などを紹介するという内容。この中で、よくあたる占い師として登場したのが井上被告だった。

 女性職員は、西成区の生活保護の受給者らに対する家庭訪問や就労活動の支援を担当。井上被告宅を訪れたこともあり、顔を見てすぐに本人と気づいたという。

 井上被告は平成11年11月、大阪市に生活保護を申請し、毎月十数万円を受給。理由は目が不自由で働けず、収入がないというものだった。

 にもかかわらず、テレビで見る井上被告は、堂々と占い師を名乗っている。「無収入というのは本当なのか」。不審に思った女性職員は、金融機関への問い合わせなどの調査を始めた。

 ■占い歴30年

 JR環状線天満駅(大阪市北区)。駅のすぐ目の前にあるビルの2階に、井上被告の占いの店「三光道」はあった。

 井上被告の逮捕後、店は閉められたが、井上被告はここで「井上真教」と名乗り、霊視鑑定や除霊などを行っていたという。

 「高い霊能力で悩みを解決されている実力派」「守護霊の言葉を伝える」「キタの父としても有名。占い歴は30年」

 三光道のホームページには、こんな言葉が並んでいた。同じビルの飲食店員も「かなりお客さんは来ていましたよ」と証言する。

 井上被告の人気はどれほどのものだったのか。起訴内容によると、井上被告は平成20年1月に318万円の収入があったとされる。「家庭内の問題を解決してもらいたい」などといった複数の人からの祈祷代だったという。

 生活保護の受給者は収入があった場合、申告し、収入分を返還するなどの措置を取ることが義務づけられている。しかし、井上被告はこうした収入を隠し続けていた。

 ■市が告訴

 テレビ出演の発覚を機に井上被告の調査を始めた大阪市は、井上被告の口座に金が振り込まれていることを確認。昨年7月、井上被告の聞き取り調査を始めた。

 「口座の金は自分で使ったんじゃない」。市によると、井上被告は当初、なかなか認めようとしなかったが、8月になってようやく収入があることを認めたという。

 調査で明らかになった井上被告の収入は、市が返還請求できる17年5月から昨年7月までの間に約1070万円。同時期に支給された生活保護費計約1390万円の7割以上にも上る。

 市は、約1070万円を返還するよう井上被告に求めるとともに、詐欺罪で井上被告を告訴した。理由は、金額が大きいことに加え「無収入といいながら、堂々とテレビに出演するなど規範意識が乏しく、悪質と判断した」からだという。

 だが、その後の捜査当局の調べで、市の調査を上回る悪質な事実が次々と明らかになっていくことになる。

 ■以前にも不正受給

 「収入を届け出ると、生活保護費がもらえないから言わなかった」

 井上被告は今年2月、詐欺容疑で西成署に逮捕され、調べに対してこう容疑を認めたという。

 西成署などによると、直接の逮捕容疑は平成20年1月の18万円の収入を申告せず、生活保護費約18万円をだまし取ったというものだった。しかし、その後の調べで、1月にはほかに300万円の収入があったことが判明した。

 井上被告は、祈祷代などの収入を家族名義の口座に分けるなどして管理。このため、収入は巧妙に隠蔽された格好となり、全体の収入についても、実際には市の調査で明らかになった計約1070万円を大きく上回る可能性があるという。

 さらに、井上被告が以前にも生活保護費を不正受給していたことが明らかになった。

 西成署や市によると、平成4年、「視力障害で就労困難」として生活保護を申請。しかし、平成7年の調査で約250万円の年収が発覚し、支給は廃止されていた。

 その後、井上被告は11年に改めて申請し直し、今回の不正分を含む支給が再び始まった。

 ■狙われる生活保護

 全国の市町村で最多の約13万人の生活保護受給者を抱える大阪市。今回の事件と同様の不正受給は後を絶たないという。

 今年2月には、約160万円の収入を隠し、18カ月分の生活保護費約100万円をだまし取ったとして、大阪市住吉区の夫婦が大阪府警に逮捕された。夫は調べに対し、「知人から住吉区は生活保護が受けやすいと聞いた」と供述したという。

 同じように生活保護を求めて大阪市に転入するケースは多い。昨年12月の大阪市への生活保護受給申請者約2800人のうち約1割が、半年以内に市外の大阪府や兵庫県、京都府などから転入していた。

 関東九州からの転入者もおり、直前に住んでいた場所は、31都府県にも上る。市は、平松邦夫市長をトップとするプロジェクトチームを発足し、不正受給の防止に取り組んでいるが、適正化への道のりは険しい。

 井上被告は、西成署の調べにこう供述しているという。「一度、生活保護の廃止を受けたが、もうほとぼりも冷めたから受給できると思った。占いの収入などはあったが金がほしかったから」

【関連記事】
生活保護費を詐取、大阪の占い師を起訴
自称「キタの父」詐欺で逮捕 占い師?テレビや雑誌にも
大阪「キタの父」で話題の占い師が詐取容疑で逮捕 テレビ出演で発覚
生活保護7年間も不正受給、詐取容疑1800万円 徳島の男
生活保護費147万円を詐取 留学生施設管理人を逮捕

足利事件「教訓生かせ」 識者2人に聞く(産経新聞)
パトカー衝突、3人に軽傷負わす=緊急走行開始直後−神奈川県警(時事通信)
桂宮さま、微熱でご入院(産経新聞)
マンション侵入、現金強奪 強盗致傷容疑で男逮捕(産経新聞)
<振り込め詐欺>「キング」に懲役20年判決…東京地裁(毎日新聞)

<自民>議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に(毎日新聞)

 自民党は22日、今夏の参院選に向けた党運営などを自由に議論する両院議員懇談会を、参院選立候補予定者と衆院小選挙区支部長も加えた「全員懇談会」に拡大する方針を固めた。参院で10年度予算案と予算関連法案の審議が大詰めを迎えているため、開催は4月上旬に先送りする。谷垣禎一総裁は全員懇談会で結束を確認し、与謝野馨元財務相らから出ている執行部批判にけじめをつけたい考えだ。

 全員懇談会は3日間行われる予定。参院選と次期衆院選の立候補予定者を参加させることで地方組織の意見も反映させる。執行部への厳しい注文が予想されるものの、会合を全面公開し、生方幸夫氏を副幹事長から解任した民主党との違いをアピールする。

 谷垣氏は大島理森幹事長はじめ現執行部の交代要求は認めない方針だ。ただ、「幹事長が全部決裁するのでは、こんな大所帯は回らない」(石原伸晃組織運動本部長)という意見もあり、全員懇談会を踏まえて組織改編に着手する可能性もある。【木下訓明】

【関連ニュース
与謝野氏:小沢幹事長と同席 憶測呼ぶ 会話の中身は…
自民党:与謝野氏と舛添氏 党にとどまる姿勢を鮮明に
みんなの党:「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で
鳩山氏離党:与謝野氏「話聞く」、舛添氏「決めてない」
鳩山邦夫氏:自民党離党 「4月末には新党」

国旗国歌違法訴えを却下 神奈川の県立高教職員ら(産経新聞)
鳩山邦夫氏に酷評の嵐(産経新聞)
小沢氏、参院選に危機感…生方氏の解任撤回(読売新聞)
<秋篠宮さま>ラオスへ出発 28日に帰国(毎日新聞)
漫画の性描写規制、継続審査に=条例改正は見送り−都議会(時事通信)

神奈川県、1500人処分へ…不正経理問題(読売新聞)

 神奈川県の不正経理問題で、県は18日にも、松沢成文知事ら特別職や職員計約1500人について減給や戒告などの処分を発表する方針を固めた。

 県の調査では、業者に架空発注で現金をプールする「預け」などの不正経理は2003〜09年度、総額16億6239万円に上る。元税務課員4人(1人は自殺。3人は懲戒免職)は02〜06年度に計約1億2089万円を私的流用していた。

 県幹部によると、松沢知事や羽田慎司副知事は、数か月間の減給処分になる見通し。羽田副知事は、元税務課員が私的流用していた期間中に監督責任がある総務部長などを務めており、当時の税務課長らも減給や戒告の懲戒処分にする。

 私的流用に伴う損害については、懲戒免職になった元職員3人や、自殺した元職員の遺族に請求し、未払いがあった場合は別の関係職員らに返還させる方針。

 このほか、私的流用がなくても不正経理にかかわった職員や上司らの責任を問い、文書訓告や厳重注意などの処分にする。

逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡−さいたま地検(時事通信)
狩野探幽 水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
<人事>最高裁(毎日新聞)
イチネンHD関係会社のセレクト、岩田取締役が社長に昇格(レスポンス)
【一筆多論】石井聡 自民の財政危機直視を(産経新聞)

あなたはシェーバー派? カミソリ派? 使い分けて肌に優しく(産経新聞)

 男性にとって身だしなみを整えるために重要なものの一つが、ひげそりだ。一般的に、電気シェーバー派とカミソリ派に好みは分かれるが、できるだけ短時間に、しかも肌荒れを防いでそりたいという願いは同じだろう。道具選びのポイントや、そり方で気をつけたいことを紹介する。(谷内誠)

[グラフで見る]ひげのイメージは?
 ■防水タイプが人気

 「最近は入浴時に使える防水タイプのシェーバーが登場し、ひげそりにかかる時間を短くしたい若年層に受けている」。こう話すのは家電量販店、ヨドバシカメラマルチメディアAkiba(東京都千代田区)の横野剛さん。

 「商品全体の7〜8割は水洗いができるタイプでメンテナンスをしやすい。1万〜2万円が売れ筋だが、充電と洗浄、乾燥までできる3万〜4万円の高級器も中高年層を中心に伸びている。『カミソリでそるとヒリヒリする』と乗り換える人も多い」という。

 これに対し、カミソリ大手のフェザー安全剃刀(かみそり)(大阪市北区)マーケティング部の内原俊幸さんは「カミソリの刃は1回でひげも産毛もそり落とせる。皮膚の上を何回も往復させなければ肌を傷めない。ただ、切れ味が落ちた刃を使い続ければ肌を傷めるので、5〜10回使ってひげが引っかかるように感じれば交換してほしい」と言う。

 ひげそりに要する時間は、「カミソリだと3分ほど」(ファザー)。一方、シェーバー大手のパナソニック(大阪府門真(かどま)市)アプライアンス・ウェルネスマーケティング部の岡康之さんは「シェーバーなら平均2分。肌を誤って切ったりすることがないのも利点」とした上で、「かつてシェーバー市場では切れ味を競う“深ぞり戦争”があったが、最近は肌への優しさが求められるようになっている」と説明する。

 ■化膿防止に洗顔

 東京医科大学病院皮膚科の三橋善比古(みつはし・よしひこ)教授は「切れ味の悪い刃や不衛生な刃でそると肌に細かい傷ができ、化膿(かのう)したりすることがあるので、そる前に洗顔を。シェーバーかカミソリかは、利便性と爽快感のバランスで使い分けてみては。ただ、毛穴に細菌が入って化膿したりしたときは、シェーバーを使って」とアドバイス。「ひげは朝方に伸びるので、そるなら朝。乾燥肌の人は皮膚科に相談し、保険がきく保湿外用薬を塗るのもいい」と話している。

【関連記事】
ひげそり、偽札判別…中国のおもしろ携帯
ブラウンも苦笑…赤ヘル軍団“ひげそり戦争”勃発?
ギネス認定 1379人が一斉にひげそり
新入社員の茶髪・長髪はOK、ひげはNG? 
英首相、ださい服装1位 ファッション誌GQ
20年後、日本はありますか?

全日空機が引き返す=新千歳空港(時事通信)
奈良のシカ、腹部に矢 文化財保護法違反容疑で捜査(産経新聞)
京大の合格者2940人、女性増える(産経新聞)
“函館の台所”で火災、鮮魚店など焼く(読売新聞)
リコール済み生ごみ処理機が発火=ヤンマー、他社製品と無償交換へ(時事通信)

写真が語る 空襲の恐怖 大阪で特別展(産経新聞)

 一夜で約4千人の命が奪われた米軍による第1次大阪大空襲(昭和20年3月13〜14日)から65年を迎えるのを前に、空襲直後の街の惨状を伝える特別展「焦土大阪−写真で見る大空襲」が11日、大阪市中央区のピースおおさかで始まった。

 当時旧制中学2年生だった中山純雄さん(80)=大阪府河内長野市=が空襲から数日後の大阪・ミナミの繁華街を撮影した写真2枚を含む約100点を展示。必死で持ち出したというカメラで撮った中山さんの写真には、積み重なるがれきの中にかろうじて倒壊を免れた大阪松竹座などが写し出されている。

 兵庫県尼崎市の山谷一雄さん(82)は「当時、大阪のあまりの変わりように愕然(がくぜん)とした。無差別に人や街を奪い尽くす空襲の恐ろしさを写真で思い出した」と話していた。

 大阪では昭和19年12月から20年8月にかけて、約50回にわたって米軍の空襲があり、約1万5千人が死亡、122万人が被災したと推計されている。第1次大阪大空襲では、約270機のB29爆撃機が来襲した。

【関連記事】
蘭の一瞬の美しさ切り取る 福原・資生堂名誉会長の写真展
浅草撮り続けた写真家の作品展 台東区立中央図書館で19日から
沖縄の歴史、切り取らず「描いた」体験
チンチン電車阪堺線存続を 市民らPR 関連グッズ、写真展、チン電パンも…
高円宮妃久子さま トキの写真ご覧に 日本橋三越本店
20年後、日本はありますか?

普天間「地元理解が先決」、米が政府に伝える(読売新聞)
仕分け対象の可能性が高い50法人を公表―枝野担当相(医療介護CBニュース)
<地下鉄サリン>15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」(毎日新聞)
雑記帳 すき間からシクラメン、たくましく 千葉・茂原(毎日新聞)
役員年金打ち切り「同意必要」=もみじ銀の勝訴見直し−最高裁(時事通信)

治験・臨床研究の活性化に向けてセミナー開催―製薬協(医療介護CBニュース)

 日本製薬工業協会(製薬協)は3月11日、政策セミナー「わが国の創薬基盤を考える―治験・臨床研究の活性化に向けて―」を開き、国際共同治験への参加などグローバル化への対応、国民への啓発活動などについて、医療従事者や行政担当者など関係者が意見を交わした。

このほど報告書をまとめた厚生労働省の「新たな治験活性化5カ年計画の中間見直しに関する検討会」で座長を務めた楠岡英雄氏(国立病院機構大阪医療センター院長)は基調講演の中で、国際共同治験を実施する施設数の順位が世界で34位と、韓国(27位)や中国(28位)よりも低いことを指摘。また、国民に対して治験・臨床研究の意義や仕組みなどの理解を図り、協力を得るための啓発活動を強化する必要性を示した。

 国民への啓発活動について、渡邉裕司氏(浜松医科大医学部臨床薬理学講座・臨床薬理内科学教授)は、現在の治療は過去の被験者の協力の上に成り立っているということを、基礎知識として伝えていく必要があるとした。
 辻本好子氏(NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長)は、治験を経験した患者の声を集め、分かりやすく伝える必要性を指摘した。

 国際共同治験を行う意義について、佐藤岳幸氏(厚労省医政局研究開発振興課治験推進室長)は、有効性や安全性について、海外の情報が蓄積されていない中で試験を進めなければいけないが、ドラッグ・ラグの解消につながるとした。


【関連記事】
治験活性化検討会、報告案を大筋で了承
「グローバル臨床研究拠点」に北里大と慶大―厚労省
治験活性化の意義や目的をテーマに議論―厚労省検討会
「新薬の価値」をテーマにキャンペーン―製薬協
中核病院・拠点医療機関に求める機能で議論―厚労省治験活性化検討会

奈良県警の警部補「組長から250万借りた」(読売新聞)
<山内康一議員>元秘書を詐欺で起訴 東京地検(毎日新聞)
医療機関の倒産、2月は4件―帝国データ(医療介護CBニュース)
<「捜査怠慢」訴訟>警視庁が上告の方針(毎日新聞)
H氏賞に田原氏(時事通信)

<放火容疑>新聞社事務所全焼 50歳の社員の男逮捕 滋賀(毎日新聞)

 滋賀リビング新聞社(大津市におの浜3)の事務所が8日未明に全焼する火事があり、滋賀県警大津署は9日、同市大江4、同社社員、十塚美智男容疑者(50)を非現住建造物等放火容疑で逮捕した。「職場に不満があった」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、7日午後11時50分ごろ、施錠されていた事務所に侵入し、床に紙を敷き詰めた上にろうそくを立て、ライターで火を付けて引火させたとしている。この火事で、鉄筋コンクリート3階建てビルの1階部分約520平方メートルが焼けた。けが人はなかった。

 大津署や同社ホームページによると、同社はフリーペーパー「リビング滋賀」を同市や草津市など県南部で約14万3000部発行。同ビルでカルチャー講座などを主催しており、十塚容疑者は事務を担当していたという。【前本麻有】

【関連ニュース
放火容疑:元住職を逮捕 寺や仏具に火災保険3億円 埼玉
京都呉服商宅放火:重傷の59歳夫が死亡
群馬4人死亡:拳銃使い心中・放火か…石材業者、負債1億
裁判員裁判:初の「心神喪失で無罪」主張 東京の放火事件
放火:現場の遺体は元京都府警警官か…京都・亀岡の事件

<企業買収脱税>公認会計士起訴 東京地検(毎日新聞)
3キロ引きずり死、元ホストが初公判で殺意否認(読売新聞)
<過労障害>2億4000万円で和解 鹿児島(毎日新聞)
<訃報>田向正健さん73歳=脚本家(毎日新聞)
<RSウイルス感染症>終息気配なし 乳幼児持つ親注意を(毎日新聞)

バンクーバー五輪 話題の選手や競技「特需」は(毎日新聞)

 5個のメダルを獲得したバンクーバー冬季五輪。話題の選手や競技をめぐって起きている「五輪特需」とは……?【中山裕司】

 フィギュアスケート女子で銀メダルの浅田真央選手(19)の写真集「MAO」(徳間書店、1995円)は、3刷で5万3000部を超え、写真集としては異例のヒットだという。同書店担当者は「金メダルに値する銀メダル。19歳ながら人をひきつけてやまない真央ちゃんの人間の魅力が要因でしょう」と話した。

 音楽業界関係者が指標にするという通販サイト「アマゾン」のクラシック部門1位も記録したCD「SKATING MUSIC2010」。五輪で日本人選手5人が踊った曲に加え、外国人選手の曲も入る。高橋大輔選手(23)の銅メダル獲得直後から売り上げが伸び始め、浅田選手の銀メダル獲得後にさらに増え、1万枚に届く勢いだ。

 「カー娘」の呼び名も定着したカーリング女子代表。スキップ(主将)の目黒萌絵選手(25)が所属する「みちのく銀行」(青森市)が昨年9月から始めた「チーム青森応援定期預金」は、2月末時点で預金額約600億円になった。スーパー定期1年ものの店頭表示金利に0.05%がプラスされ、10万円につき5円が日本代表だった「チーム青森」の活動資金となる。本店がある青森県だけでなく、支店のある北海道、岩手県、秋田県などでも多くの預金が集まった。現在は約300万円を寄付する予定だ(昨年11月末までの約113万円は既に寄付)。

 同行は「もっと強くなるには海外遠征で強い対戦相手としのぎを削る必要があります。預金者もチーム強化を応援してくれていると思う」と話した。

 そのカーリングで、分かりやすくて熱のこもった解説と好評だったNHK解説者、小林宏さん(62)。公開競技だったアルベールビル五輪(92年)で全日本代表監督、長野五輪(98年)ではカーリング競技委員長を務めた。小林さんが運営する山梨県山中湖村のカーリング施設「Curlplex Fuji」には、前回トリノ五輪の2倍、通常の5倍の問い合わせがあった。初心者向けの体験コースは3月は満杯、4月も半分が予約で埋まった。小林さんの次女で施設スタッフの幸代さん(33)は「カーリングは1時間練習すれば、試合ができるレベルになる。実際に楽しんでほしい」と話した。

 五輪最終盤、肉眼では分からない0.02秒差で金メダルを逃し注目を浴びたスピードスケート女子団体追い抜き。富山市の地質調査会社「ダイチ」には銀メダルの田畑真紀選手(35)と穂積雅子選手(23)が所属する。従業員は39人。花束が舞い込むなどてんてこ舞いだと喜びつつも、女性従業員は「本来の仕事が増えるわけでもなく、どこかお仕事をくださるといいですね」。

【関連ニュース
バンクーバー五輪:国挙げて支援を 文科相に橋本団長懇願
バンクーバー五輪:浅田が再戦を決意、田畑は会社に感謝
バンクーバー五輪:日本選手団帰国 温かな拍手に迎えられ
バンクーバー五輪:日本選手団が帰国の途
露大統領:五輪不振「幹部は辞任を」 解任も示唆

架空取引で佐川急便から詐取 計1億6千万円か(産経新聞)
チリ大地震 気象庁擁護論「過少予測の方が問題」(産経新聞)
外国人参政権を議論=4月6日に臨時知事会議(時事通信)
偽の国の安全マーク付け販売 レーザーポインター輸入業者(産経新聞)
<強制わいせつ>NHK職員に有罪判決 電車内で女性触る(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。