So-net無料ブログ作成

普天間移設 岡田外相、現行案を除外…米国防長官への説明(毎日新聞)

 岡田克也外相がゲーツ米国防長官と3月29日にワシントンで会談した際、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について、日米が合意しているキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)とする現行計画を政府案の検討対象から外して説明していたことが1日、分かった。ゲーツ長官は日本側から現行計画の説明がなかったことに怒り、岡田氏は「現行案の実現は厳しい」と説明したという。日米外交関係者が明らかにした。

【写真でみる】現在の普天間基地・キャンプシュワブ沿岸部はどういう場所なのか

 現行計画を巡っては鳩山由紀夫首相や北沢俊美防衛相が除外する姿勢を示す一方、岡田氏は米側への配慮から排除しない姿勢だった。米側との交渉本格化に伴い、現行計画は困難とする日本側の立場をより明確にしたといえる。

 岡田氏が会談で説明したのは、キャンプ・シュワブ陸上部と米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合の移設先2案に、普天間の基地機能の県外への分散移転を組み合わせる案。会談ではゲーツ長官の不満に対し岡田氏は「他の案もぜひ検討してほしい」と要請した。関係者によると、岡田氏が訪米に先立つ3月26日にルース駐日米大使と会談した際は、現行案も検討対象として説明していたという。【野口武則】

【関連ニュース】
【関連記事】普天間移設:仲井真沖縄知事と平野長官が会談…東京都内で
【関連記事】普天間:「必ず成果を上げる」強調も具体性欠く 鳩山首相
【関連記事】普天間:「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相
【関連記事】普天間移設:「沖合案」撤回申し入れ 社民と国民新
【関連記事】普天間移設:米国防長官「海兵隊は沖縄にいる必要がある」

秘書仲間から疑問も 勝場被告、20年来の「金庫番」(産経新聞)
「5月決着」へ協議継続=普天間移設−日米外相(時事通信)
館長雇い止め、人格権侵害認める=豊中市に賠償命令−大阪高裁(時事通信)
弁護士バー 東京・渋谷に開店へ 接客で法律相談はせず(毎日新聞)
<将棋>私立岩手高2年の中川慧梧さん優勝 学生将棋選手権(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。